音楽が脳を育てる!(21)~医学の分野での音楽の可能性

医学の分野での音楽の可能性がどんどん増して行っています。


興味のある方は以下の動画をどうぞ

また、モーツアルトでてんかん発作が減少したという研究が


てんかんの患者に毎日モーツァルトの曲を聴いてもらう実験により、

「モーツァルトの曲がてんかんの発作を減少させる可能性がある」ことが判明しました。


この発見により、てんかんの症状を改善させ、患者の生活の質を

向上させられる治療法が見つかると期待されています。


Daily listening to Mozart reduces seizures in individuals with epilepsy: A randomized control study - Rafiee - 2020 - Epilepsia Open - Wiley Online Library



Mozart may reduce seizure frequency in people with epilepsy -- ScienceDaily


てんかんとは、脳の神経細胞に突然発生する激しい電気的な刺激により、

けいれんや手足の突っ張りといった発作が引き起こされる神経疾患です。


全世界に5000万人の患者がいると推計されており、

神経疾患の中では最も一般的なものだと考えられています。


これまでの研究により、モーツァルトの曲とてんかんの発作の頻度には

関係があることが分かっていましたが、それが単に聴覚的な刺激の効果なのか、

モーツァルトの曲にてんかんの発作を抑える効果があるのかはっきりとは分かっていませんでした。


そこで、カナダのクレンビル・ブレイン・インスティテュートの研究者で

あるMarjan Rafiee氏らの研究チームは、26〜75歳のてんかんの患者13人に

モーツァルトの曲を聴いてもらう実験を行いました。


研究チームは、まず参加者を2つのグループに分けて、1つ目のグループにはモーツァルトの

「2台のピアノのためのソナタ ニ長調 第1楽章 K.448」の最初の6分30秒を3ヶ月間にわたり

毎日1回聴いた後、同じ曲のメロディーの順番を入れ替えた上にリズムを編集した

「スクランブル版」を同様に3カ月間毎日聴いてもらいました。


2つ目のグループは逆に、「スクランブル版」を3カ月間聴いてから、原曲を3カ月間聴きました。


研究チームが実験に「2台のピアノのためのソナタ」の第1楽章を用いたのは、

この曲の長さがちょうどよかったことと、過去の研究によりこの曲に含まれる

リズムがてんかんの治療に役立つ可能性が示されていたことが理由とのことです。


実験期間中の各参加者には、発作の頻度を記録する日誌を作成してもらいました。


また、治療薬が実験に影響しないように、実験期間中は飲んでいる抗てんかん薬などを

変えないようにしてもらいました。


この実験の結果、「2台のピアノのためのソナタ」の原曲を聴いている最中の参加者は、

発作の頻度が明らかに少なかったとのこと。また、この効果は同曲の「スクランブル版」を

聴いている最中の参加者には見られませんでした。


モーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ」第一楽章


てんかんで心配している方いたら、ぜひお知らせください。


音楽の力ってすごいですね!


須賀恵ピアノ教室

東京都江戸川区、一之江駅と葛西駅の中間、二之江小学校、古川親水公園近くの緑の多い環境にある、ピアノ・リトミック・ソルフェージュの音楽教室です 1歳~3歳のプレピアノコース(リトミック・ソルフェージュ)、4歳~のピアノ個人レッスンコースがあります アンサンブルにも力をいれていて、発表会では弦楽アンサンブル、ピティナステップでは、プロのミュージシャンによるドラム・ベースとのアンサンブルにも出演できます

0コメント

  • 1000 / 1000