フラッシュカードで譜読みが早くなります

ピアノを弾くうえで大切なのが、音符が読めることです。

特に子どもの場合は、小学校3〜4年生で集中的に譜読みのトレーニングすると効果的です。

そのためにはまず音符が読めないといけませんので、小学校1年生から2年生の間でフラッシュカードを早く読めるように、トレーニングしています。


当教室で使っているのは、こちらのフラッシュカードで横長になっていて、3つの音域の同じ音(例:ドミソ)を左から右に読んでいきます。



ただ読んで来なさいと言ってもモチベーションが保てないので、月1回検定の日をもうけて、級認定をすることにしました。

検定の時の動画です(小2)


早く読めるようになったら、数秒見せて記憶して言わせます。

この訓練を繰り返すことによって、ワーキングメモリーも増えて、記憶力の良いお子様になります。


好評です!

ピアノレッスンが脳に良い影響を与えることについて書いた記事 

 育脳ピアノレッスンの教科書の記事はこちらからどうぞ


おすすめ動画 

ピアノを習うことのメリットを紹介しています。



須賀恵ピアノ教室

東京都江戸川区、一之江駅と葛西駅の中間、二之江小学校、古川親水公園近くの、完全個別指導のピアノ・リトミック・ソルフェージュの音楽教室です 1歳~3歳のプレピアノコース(リトミック・ソルフェージュ)、3歳半~大人のピアノ個人レッスンコースがあります アンサンブルにも力をいれ、発表会では弦楽アンサンブル、ピティナステップでは、プロのミュージシャンによるドラム・ベースとのアンサンブルにも出演できます

0コメント

  • 1000 / 1000