お子様がピアノの練習を嫌がる時は⁉️

ピアノを習っていると、時々壁にぶつかることがあります。 

そんな時、「ピアノ辞めたい、練習したくない!」と言うお子様も多いかと思います。 

お子様が練習を嫌がるのにはきっと理由があります。 

 理由として考えられるのが 


①楽譜が読めない 

②どう弾いたらいいかわからない 

③練習してもできるようにならない 

④親にうるさく言われて嫌になった 

 などでしょうか。 


 ①については、楽譜を読めるようになるのは時間がかかるので、根気よく訓練する必要がありますが、個人差があります。 

読み書きを覚えるのも、最初は聞くところから始まり、小学校に入って書く練習を始めるのと同じで、音符が読めるようになるのも、そのくらい時間がかかります。 

焦らずじっくり取り組みましょう。 

当教室では、習い始めのお子様には指番号だけ書いた楽譜(プレリーディング譜)を使って、弾ける楽しさを味わってもらっています。 

これだと、指番号さえわかれば弾けるので、読譜の苦労もなく、移調の練習にもなるので、楽しく学習できます。 


 ②と③については先生の責任もありますので、わからなかったら「次のレッスンで先生に聞こうね」でいいと思います。 

「なんでわからないの💢」などとは決して言わないことです。 

 ④についてもよくあるようです。 

練習を嫌がるお子様の家での練習の状況を聞くと、保護者ができないことを注意したり、できるまで何度もやらせたなんてことがあったりします。 

その子の性格にもよりますが、ネガティブな声かけはしないよう、ご家庭でも気をつけていただけたらと思います。 


 ピアノは楽しむものです。


無理強いは禁物です。 

練習を嫌がる時は、音楽を聴くだけても十分だと思います。 

せっかく習い始めたピアノ、長く続けられるといいですね。  

一之江・葛西 すがめぐみピアノ・リトミック教室

東京都江戸川区、一之江駅と葛西駅の中間、二之江小学校、古川親水公園近くの、個別指導のピアノ・リトミック・ソルフェージュの音楽教室です 1歳~3歳のプレピアノコース(リトミック・ソルフェージュ)、3歳半~大人のピアノ個人レッスンコース、保育士コース。 アンサンブルにも力をいれ、発表会では弦楽アンサンブル、ピティナステップでは、プロのミュージシャンによるドラム・ベースとのアンサンブルにも出演できます

0コメント

  • 1000 / 1000