ピアノは何歳から習える?

ピアノは何歳から習うことができるのでしょうか。

幼児用のピアノのテキストは、3歳から使えるとなっているものが多いです。


ピアノを弾くには、楽譜を読んで弾くことが必要なので、

子どもの言語の発達から考えると、

3歳くらからでないと書いてあることの意味を理解するのが難しいでしょう。

指番号を理解するための数字は1から5まで読めれば大丈夫です。


楽譜を読むことは字を読むことと似ていて、

字が読めるようになると、音符も読めるようになる子が多いです。


リズムは子どもにとって習得しやすいことなので、

リズムの訓練は3歳より前でも可能です。


音を聴くことに関しては、耳の訓練は早い方がいいです。


子どもの聴覚の発達は7歳でほぼ大人の同じになるので、

音感が身に付く期間が1−2年と考えると、

できれば5歳くらいまでに初めた方がいいです。


ただ、子どもの聴覚が一番急速に発達するのは、

1歳から3歳なので、良い耳を持たせてあげたいなら、

3歳までに始めるのがベストです!


当教室では、1歳半からのプレピアノコースがあります。

このコースでは、リトミックを用いて、リズム、音感の訓練をするので、

良い耳を作ることができます。


この頃に身についた音感は一生ものです。

この時期にしかできない、お子様へのプレゼントです!


ピアノの前にプレピアノで音感の訓練しませんか?


ただ今春のキャンペーン中!(3月末まで)

LINEのお友達追加で、体験レッスン、入会金無料クーポンをプレゼントしてます! 

ピアノに関する質問等でもOKです。 

お気軽にお問合せください。 


一之江・葛西 すがめぐみピアノ・リトミック教室

東京都江戸川区、一之江駅と葛西駅の中間、二之江小学校、古川親水公園近くの、個別指導のピアノ・リトミック・ソルフェージュの音楽教室です 1歳~3歳のプレピアノコース(リトミック・ソルフェージュ)、3歳半~大人のピアノ個人レッスンコース、保育士コース。 アンサンブルにも力をいれ、発表会では弦楽アンサンブル、ピティナステップでは、プロのミュージシャンによるドラム・ベースとのアンサンブルにも出演できます

0コメント

  • 1000 / 1000