フォルマシオン・ミュジカルのレッスン動画〜動物の謝肉祭より

3ヶ月に1回行っているグループレッスンの様子です。 

今回は感染予防のため個別で行いました。

動画は、1・2年生の兄弟二人のレッスンになっています。


普段のグループレッスンでは、

ミニコンサート、

リトミック、

ソルフェージュ、

フォルマシオン・ミュジカルを中心に行っています。 





この動画はフォルマシオン・ミュジカル(フランスのソルフェージュ教育)

の手法を使ったレッスンの一部です。



今回は小学校低学年の生徒さんには、

音楽の魔法1のテキストを使って、

サン=サーンスの「動物の謝肉祭」の曲を、

最初はタイトルを伏せて、

音楽を聴いて何の動物の曲か考えてもらいました。


聴いたのは「大きな鳥かご」と「象」。

この動物当てクイズは主に小学校低学年の生徒さんと、

幼児の生徒さんに行ったのですが、

ほとんどの子が正解しました。


なぜか、学年が上の子より、幼児の方が当たりました。

あまり考えないで直感で考えた方がいいのかもしれませんね。

どの動物か分かるように曲を書いた

サン=サーンスもすごいですね!


それから、どんな楽器が使われているか考えました。


初めてこのレッスンを受ける子たちは、

楽器についてもあまり知らなかったので、

まず楽器の説明からしました。


オーケストラの楽器について、

弦楽器の種類、管楽器の種類など。


使った教材





サン=サーンスってどこの国の人?

(フランス)

じゃ、フランスってどの辺にある?

(地図を見て探す)


なんてこともやりました。

サン=サーンスについて

2歳半でピアノを弾き出して、

3歳で作曲をした、神童中の神童、

音楽的才能の他に、勉強もかなりできたそうです。


「動物の謝肉祭」は、

一見子ども向けの曲をのようですが、

元々私的な集まりの為に書いた曲で、

この中にはかなり風刺や、

ブラックジョークが含まれていて、

有名な「白鳥」以外は、サン=サーンス自ら、

自分が生きている間は楽譜の出版を禁じてました。


こんな番組もありました。
クラシックミステリー名曲探偵アマデウス File.27 サン・サーンス 「動物の謝肉祭」


フォルマシオン・ミュジカルを行うことによって、

少しでも子どもたちが音楽に興味を持って、

音楽を楽しめるようになるといいなと思います。 


使用した動画


動物の謝肉祭

Carnival of The Animals Complete Full Version Le Carnaval des Animaux Complet Camille Saint-Saëns

SAINT-SAËNS Camille – El Carnaval de los Animales, R. 125 (1886) 

全タイトル

組曲「動物の謝肉祭」

第1曲 序奏と獅子王の行進

第2曲 めんどりとおんどり

第3曲 らば(野生の)

第4曲 亀

第5曲 象

第6曲 カンガルー

第7曲 水族館

第8曲 耳の長い登場人物(飼い馴らされた従順なろば)

第9曲 森の奥に棲むかっこう

第10曲 大きな鳥かご

第11曲 ピアニスト

第12曲 化石

 

 

ただ今5月のワクワク入会キャンペーン中! 

(5月末まで)

 LINEのお友達追加で、 

体験レッスン、 入会金無料クーポンを プレゼントいたします!

 先着3名! 

 ピアノに関する質問等でもOKです。

 お気軽にお問合せください。 

 登録いただいたら、スタンプくださいね!  


一之江・葛西 すがめぐみピアノ・リトミック教室

東京都江戸川区、一之江駅と葛西駅の中間、二之江小学校、古川親水公園近くの、個別指導のピアノ・リトミック・ソルフェージュの音楽教室です 1歳~3歳のプレピアノコース(リトミック・ソルフェージュ)、3歳半~大人のピアノ個人レッスンコース、保育士コース。 アンサンブルにも力をいれ、発表会では弦楽アンサンブル、ピティナステップでは、プロのミュージシャンによるドラム・ベースとのアンサンブルにも出演できます

0コメント

  • 1000 / 1000