導入期のレッスン(1)

ピアノは導入期のレッスンがとても大切です。

最初に悪い癖をつけてしまうと、直すのに大変です。


当教室では、最初から音楽的にピアノが弾けるよう、

導入期のレッスンでは

音楽を聴きわけられる耳を育てること

リズムのトレーニング

読譜のトレーニング

ピアノを弾く指を作るトレーニング

をしっかり行ってからピアノを弾くようにレッスンしています。


今日は、入会して1か月の小学校1年生のYちゃんの導入期のレッスン動画をご紹介します。

動画では、最初に「耳を開く聴き取り術」のテキストより、

Cmのコードを聴きます。

次に、拍子感を養う練習で、2拍子と3拍子の練習をしています。

3拍子は苦手な生徒さんが多いですが、Yちゃんは通っていた保育園で月2回のリトミックのレッスンを受けていたそうで、とてもリズム感がよく、今日初めてやってみたのですが、すぐにできていて、素晴らしいです。


幼児期の音楽体験はとても重要で、特に音感やリズム感に関しては、幼児期にトレーニングしたかどうかで、その後の音楽的な能力にとても大きく影響します。


その次に、指を動かすトレーニングをしています。

当教室では、指を動かすトレーニングをする際に、紙粘土で手の形を作ってそれに手をのせて行うようにしています。

このようにすることによって、最初から良い手の形でトレーニングすることができます。


使っているテキストは、「プレピアノランド2」の「ゆびのダンス」です。

幼児の場合は最初は指を1本ずつ上げるだけで精一杯ですが、

Yちゃんは手先も器用ですぐに、続けて指を動かすことができています。


須賀恵ピアノ教室

東京都江戸川区、一之江駅と葛西駅の中間、二之江小学校、古川親水公園近くの緑の多い環境にある、ピアノ・リトミック・ソルフェージュの音楽教室です。 楽譜が読めて弾ければ楽しい!をモットーに、ソルフェージュを重視して、基礎から丁寧に指導いたします。 発表会では弦楽アンサンブル、ピティナステップでは、プロのミュージシャンによるドラム・ベースとのアンサンブルにも出演することができます。

0コメント

  • 1000 / 1000