音楽が脳を育てる!(9)

音楽のトレーニングを受けると、お子さんの実行機能や、IQにもいい影響があるという研究結果がたくさんあります。


でも、IQってそんなに重要なのでしょうか?


IQをあげるためだけに、子どもに小さい頃からつめこみの教育を受けさせたら、

弊害になることもあるかもしれません。


IQについては、注意が必要。

保護者も教師も知っておかなければいけないことがあるようです。


以下の動画を、バイオラ大学ピアノ教育学講師、河村まなみ先生に訳していただきました。

Alla Gubenko(心理学者)

Triumphant of Intelligence or Creativity Crises?

知性の勝利?創造性の危機?


ルイス・ターマンはアメリカの著名な心理 学者で、IQ の力を信じていました。

IQ が高ければ人は将来成功すると思っていました。

そ の証明のために、彼は(サンフランシスコ近辺の)優秀な子供を学校の先生達に

推薦してもら い IQ テストをして、その成績が 135 以上の子供達の追跡調査を

生涯にわたって行いました。

その殆どの子供達は後に収入が平均以上、健康であり、社会的な成功者と言える

大人になり ました。

しかし、IQ 値が 135 に満たなくて選ばれなかった子供達の中から

2 人のノーベル賞受賞者が出たのです。

ウィリアム・ショックレーとルイス・アルヴァレズです。

二人とも ノーベル物理学賞を受賞しました。

このことから、大いなる成功は IQ だけによるのではな いことが分かりました。

もし私達が IQ の高さだけで人を選ぶと、革新的で新しい発見がで きる人を除くことになります。

知性と創造性は別の物で違う働きをします。


アインシュタイン博士が、「イマジネーションは知識より重要である」と言っています。


それは後の研究結果でも明らかになっています。

カリフォルニア大学の研究者がいくつかの発見をしました。


(1)自分の専門分野で自分なりの創造性を発揮してその分野に影響力を与えるまで 10 年はかかる。

(2)創造力は学校での勉強の結果より、学校外の教育や知識が関わっ ている。

最後に

Alla Gubenko氏から

AI は子供のようには創造的ではありません。アイデアを生み出す力は私達人間にできる特別の能力です。

この能力の価値を、人間と機械との共同文明の中で 持ち続けていくべきです。



なるほど!

人には知性と創造性が必要なんですね。


当教室ではピアノを弾く以外にリトミックや、即興も取り入れています。

リトミックでは、動物になって歩いたり、風になってみたりします。

リズムやメロディーも初めはまねっこからですが、慣れてきたら作ることもしていきます。


これが創造性を養っていることになるんですね。


まさに音楽トレーニング、ピアノレッスンは「知性と創造性」の両方を育むことができます!



須賀恵ピアノ教室

東京都江戸川区、一之江駅と葛西駅の中間、二之江小学校、古川親水公園近くの緑の多い環境にある、ピアノ・リトミック・ソルフェージュの音楽教室です。 楽譜が読めて弾ければ楽しい!をモットーに、ソルフェージュを重視して、基礎から丁寧に指導いたします。 発表会では弦楽アンサンブル、ピティナステップでは、プロのミュージシャンによるドラム・ベースとのアンサンブルにも出演することができます。

0コメント

  • 1000 / 1000