保護者面談にて~子どもが自分から練習するように仕向けるには?

先週から保護者面談を行っています。


Yちゃんのお母様より、なるべく強制的に練習するのではなく、自分から練習してほしいが、どう声掛けをしたらいいか迷っているとご相談を受けました。


Yちゃんは保育園に通う年中さんで、習い始めて1年半です。

お母さまの帰宅が19時ころになってしまうようで、いつもせかすようになってしまうとのことでした。


まず、練習が好きな子はそんなにいないです。

まだ、年齢的にもピアノが嫌いなわけではないが、他にやりたいことがあったりすると忘れていたり、言われないでも自分から進んで練習するのはなかなか難しいですね。


そこで、カレンダーに練習したらシールを貼っていくのはどうでしょうと、提案しました。


もしシールが貼っていなかったら、お母さまが直接練習しなさいと言うのではなく、「あれ、今日はシール貼ってないね」などと言ってみては?


子どもはやろうと思っていた時にやりなさいと言われると、やる気がなくなったりするものです。


お母さまには「なるほど~さっそくやってみます!」と言っていただきました。


数年前から保護者面談を年2回ほどすることで、保護者様とコミュニケーションがとれ、レッスンがスムーズに進むようになり、良かったと思っています。


おすすめ動画

須賀恵ピアノ教室

東京都江戸川区、一之江駅と葛西駅の中間、二之江小学校、古川親水公園近くの緑の多い環境にある、ピアノ・リトミック・ソルフェージュの音楽教室です 1歳~3歳のプレピアノコース(リトミック・ソルフェージュ)、4歳~のピアノ個人レッスンコースがあります アンサンブルにも力をいれていて、発表会では弦楽アンサンブル、ピティナステップでは、プロのミュージシャンによるドラム・ベースとのアンサンブルにも出演できます

0コメント

  • 1000 / 1000