正しくほめるには?

最近の教育では、ほめて伸ばそうというのが定番になっていますが、

ほめ方にも良いほめ方、悪いほめ方があるようです。


スタンフォード大学の校長 星 友啓 さんの著書 「スタンフォードが中高生に教えていること」で、最先端の科学から子どもの能力を引き出す秘訣を読みました。


ここに書かれている実験では、小学生を2つのグループに分けてパズルをやらせて、

Aグループではできた数をほめ、賢いねと声をかけます。

Bグループでは頑張ったね、よく考えたね、と努力したことをほめます。


その結果、次にさらに難しいパズルをやらせた時にAグループでは自信を失い、やる気が無くなったのに対し、Bグループでは前よりできなかったけれど、自信は失わず、もっと頑張ろうと、かえってやる気につながったそうです。


ピアノも発表会やコンクールに出た時には保護者さまにはいつもお話しするのですが、間違えずに弾くことよりも、今までの努力をほめてくださいとお伝えしているのですが、それが科学的にも根拠があったとわかり、嬉しく思いました。


この本、保護者の皆様、教育者におすすめです。

 ピアノレッスンが脳に良い影響を与えることについて書いた記事  

育脳ピアノレッスンの教科書の記事はこちらからどうぞ。 


おすすめ動画

ピアノのレッスンが脳に与える影響

この動画では、親の年収、遺伝、学歴が子どもの学力に影響する?

ピアノを習うことで克服できるのでは!?

この動画のもとになっている実験結果はこちらのブログに書いています!


須賀恵ピアノ教室

東京都江戸川区、一之江駅と葛西駅の中間、二之江小学校、古川親水公園近くの、完全個別指導のピアノ・リトミック・ソルフェージュの音楽教室です 1歳~3歳のプレピアノコース(リトミック・ソルフェージュ)、3歳半~大人のピアノ個人レッスンコースがあります アンサンブルにも力をいれ、発表会では弦楽アンサンブル、ピティナステップでは、プロのミュージシャンによるドラム・ベースとのアンサンブルにも出演できます

0コメント

  • 1000 / 1000